I''s Pure

 戻る
 


I''s Pure   第01話 「au commencement」
(C)桂正和/集英社/リバプール

結構良い感じでした、原作の方は完結後に単行本で一気に読んだものの、申し訳無い事に大筋を覚えてるだけで細部は
殆ど覚えてない状態なので原作との差異感想は出来ないんですが、個人的には高レベルで纏まってるなと思いました。
桂さんの絵を崩す事無く高い作画レベルを維持してるのがまず凄いですし、全六巻の関係上端折ってる部分もあるとは
思うんですが、少なくとも「細部を覚えてない」レベルで見てる分には全然違和感無かったです。
むしろ分かりやすく描いてくれてますし、急ぎすぎて「間」が無いという事も無くしっかり間も描かれてるので、
OVAという事を考えると結構良いレベルで纏まってるのではないかと思います、また無駄にアングルとケツがエロい。
大筋しか覚えてないので、ほぼ初見レベルでの感想になるんですが、コレはほんま、改めて見ると伊織の可愛さは異常、
「瀬戸君と私のイニシャルを取ってチームI's…どう、この名前?」とノートに書き込んだ後笑顔で一貫に言ってましたが、
いやほんま、こんな女おるか、「ヤッベ!可愛い」とか思う前に、久々にブラウン管に向かって突っ込みました。
また伊織だけではなく、図書室から出て下校しようとする一貴の目に、伊織のグラビアが掲載されてる雑誌を見た男子が
部室の窓を叩き「一回ヤらせろ!」だの冷やかしてる姿が飛び込んでくると、こんな野次飛ばす男もおるか、と。
なんかもぅ色んな意味で面白かったのが何とも言えないんですが、特にココがこう、というわけではないんですけど、
当時単行本で読んだ時も思った事なんですが、どうも本作を見てると学生時代が懐かしく思えるんですよね。
特に、個人的には学生生活を一切楽しめなかったのでこういう、伊織にしてみれば今回の事は好ましくないでしょうけど、
色んな出来事が毎日起こって放課後一緒に委員の活動をしたり、休日に待ち合わせて二人羽織に使う扇子を買いに行く
約束をしたり、こういうのを見てると純粋に楽しそうで羨ましいなーと、現役の中高生にこそ見てもらいたい感じ。
伊織に関しては…前述のノートへ書き込んだ件は別に、全く愛想の無い一貫に案が無いか話しかけたり、待ち合わせに
一時間も遅刻したのにドーナッツを買ってきて一緒に食べるつもりだったりと、近年稀に見る優しい性格ですよね。
だからこそ、隠しカメラが仕掛けられ部屋の中で男に詰め寄られた時、一貫達に助けてもらったのに感謝の言葉を
述べれず「あなた達だって…同じじゃない…」と言ったのが余計リアルというか…まぁ流石に余裕が無いんでしょうけど。
一貫もこの言葉でキれたのがカッコイイなと、アイコラ貰って喜んでたので意味合い的には「同じ」なんですが、
隠しカメラで撮影したりレイプしようとしてる連中と一緒にされた事で流石にキれた、というのが素直にカッコ良かった。
ラストはいつきが一貫に飛びついたところで終了してましたけど、何故かいつきと言えば、どの場面だったかはあまり
記憶に無いんですが、「レディがトイレに入った後は少し間を置いて下さる?」みたいなセリフと、マクド系の店で一貫に
接吻して、その接吻が上手すぎて一貫が骨抜きにされた、という記憶が妙に強いです。
普通に面白かったので次巻以降も楽しみです、ココ数年伊織みたいな活発で清純なタイプを見なかっただけに余計楽しみ。



I''s Pure   第02話 「souvenir」
(C)桂正和/集英社/リバプール

面白かったー、原作の方を大筋の展開だけしか覚えておらず、既に伊織がこの時点で一貫の事を好きなのかどうか、
それすらも覚えてない者としては普通に面白かったです、確かに全六巻の関係上展開は早いですが安定して面白いです。
ただ面白い反面、一巻の時は然程気にならなかったんですが一貫といつき、このお二方の声優さんにはもう少し演技力を
お願いしたいところですよね、一貫の方は新人さんという事を考えれば随分小慣れておられるとは思いますけども、
モノローグになった途端に「んー…」という微妙なレベルに低下したり、いつきの方は感情があまり入ってない印象。
まぁ今後上手くなられればいいわけですし、少なくとも一貫は普段の演技が良くて声のイメージも合ってるので良しと。
内容の方は普通に面白い箇所や突っ込みたい箇所があったんですが、まずはツッコミ所から。
いつきが部屋に居た時、伊織は普通に玄関の扉を開けて入ってきたり、帰る時も普通に帰ってましたけど、日中で
家の中に人が居るとはいえ、正直素で無用心ですよね、仮に一貫が鍵を渡していたとしても、それはそれで無用心。
あとコレは突っ込むというのとはまた違うんですが、冒頭で寺谷が「カップルにとっちゃ特別な日だって事は認めるよ」
クリスマスの事をそう発言してましたけど、別に本作に限った事ではないですけど何が特別なんでしょうね。
バレンタインや誕生日はまだ分かるとして、日本人の大半はキリスト教徒でもないのに、何が特別なんかなーと。
誰がそんな細かいトコまで疑問を持て言うた、と言われればそれまでなんですが、冷静に考えればナンでやろな、と。
しかし伊織の可愛さは異常、実際はいつきに二人羽織の失敗で一貫が落ち込んでるから、と言われて京都での
自由行動時間を誘ったわけですけども、わざわざ二人で行動しないかと誘ったり、特に他意は無いんでしょうが、
腹痛の為部屋で休むと言い抜けてきた伊織に「見つかったら何言われるか分かんねーな」と一貫が言うと、
「じゃ、誰も行きそうにないトコ行こっか」と促し、神社に到着すると「瀬戸君に…どうしても見せてあげたかったんだ…」
と頬を朱に染めながら発言とかお前、これはほんま、色んな意味でヤバイ、お前襲われたいんかと。
挙句、実は縁結びの神社で、腕を組んで鳥居をくぐれば恋が成就する、と書いてある立て看板をカップルが読んだのに、
その後「折角来たんだし…くぐってかない?」との誘いに了承、しかも鳥居の前に来ると自分から腕を組み始めたり、
真面目な話、前述のようにこの段階で伊織が一貫に対して恋愛感情を抱いてるのかすら覚えてないものの、これはもぅ
一貫に惚れてるとしか思えない状況ですよね、やっぱり男視点で見てると単純に可愛いなと思えてしまうわけですけども。
普通に面白かったので次巻以降も楽しみなんですが、電車での移動中後ろの席へと身を乗り出して喋ってる寺谷、
本筋とは全然関係無いんですが、こういう風にバスや電車で、走行中に後ろ向きっぱなしで喋ってると確か酔いやすく
なるんですよね、小学校の修学旅行で、帰りの車中ソレでしりとりしてゲロ吐きそうになった事を思い出しました。
他には…妄想日記が映像的にエロい辺りがツボを心得ていて、京都での背景がもの凄い気合入ってた事に感動。



I''s Pure   第03話 「adieu」
(C)桂正和/集英社/リバプール

当時単行本で一気に読んだ時は、相変わらず今でも細部はまるで思い出せないんですが伊織が好きでいつきは普通、
むしろいつきに関しては失礼な事に「一貫と離れるのがこういう状況的な理由から来るのはセコイなー」などと、
伊織を助けに行く一貫の表情を見て、という部分を無視してフザけた感想を抱いてたんですが、今改めて見ると、
やっぱり伊織は、まぁ下世話な話なんですが顔も性格も可愛いとは思うものの、今見るといつきの方が良いなーと。
勿論、展開面でいつきはアパートが焼けて大切にしてた一貫の粘土まで粉々になった、ずっと好きだった一貫は久々に
会うと伊織の事を見ていたりと、状況的に伊織よりも可哀想な立場にある事が多いので、失礼ながら同情的な意味合いで
いつきの方が良いと思っている部分も少なからずあると思うんですけども、何よりも自然体な行動をしてるのが好印象。
一貫の事を想って伊織と二人きりにしてあげたりはしてるものの、伊織と違って別に感情を隠そうとしないじゃないですか。
アメリカでの生活が長いというのも多分に影響してるでしょうけど、そういう自然な態度が、今改めてみると可愛いなと。
一方の伊織に関しては、一貫の家を訪問した翌日、早速鞄にえんむすびっちを付けて登校したり、一貫にお土産として
渡したのはいつきにあげた、と聞くと「喜んでもらえたら、あたしはそれで…」と言いながらも残念そうな顔。
ミスコンの撮影に関する交渉時も「瀬戸君は…どう思う?」「瀬戸君が…そう言うなら…」と、妙に今回は一貫への
気持ちを表面に出していたのが、今回に関しては悪い意味で気になったかなーと。
そういう態度を見せる伊織は可愛いんですが、前回の旅行時なんかは「いつきに言われたから〜」という理由で一貫と
行動を共にしてる、という意識の方が強く見えていたので、今回いきなり一貫への気持ちを強めてたのが変かなーと。
鮫島に関してはまぁ最悪ですよね、露骨に逆恨みなのもそうですけど、伊織の両手を手錠で縛ってレイプしようとするとか、
犯罪者の心理は分からない、とかそういう一般論を抜きにヤバイなーと、思春期という事を考えれば異性の体に興味が
あるのは分かりますけど、実際「レイプしてでも相手をモノにしたい」と考えて行動に移すのはヤバすぎですよね。
まぁ最悪なのは伊織を騙した松尾もそうですし、あんな人気の無い怪しい廃ビルっぽいトコへ行く伊織もアレですが。
ところで今回最も印象に残ったのが「散髪をいつきに任せる一貫」でした。
やっぱり心理的には、いくら幼馴染で造形の勉強をしているいつきとはいえ、そうそう同年代の…ソレもまだ高校生の
相手に散髪を任せるというのは難しいじゃないですか、特に中高生の年代だと外見を強く意識する年頃ですし。
にも関わらず一貫はいつきに散髪を任せていたので、当たり前ですが一貫はいつきの事を全面的に信頼してるんだな、
何を今更という感じですが、何気無い描写と展開だったもののそう受け取れたので良い感じでした、10円ハゲぐらい許せ。


inserted by FC2 system