デメント

 戻る
 


デメント

非常に安価で販売されていたので購入して、結構テンポ良く進めれたのでその勢いでそのままクリアしました。
発売当時結構購入を迷っていたんですが、個人的な印象としては、安くなるのを待っていて良かったかなーと。
簡素ではあるものの、以下に良し悪しと感想を書いてみました、二周目以降のプレイ予定は今のところ無し。
良い点
・人物の表現こそ違うものの、ムービーの映像自体は非常に綺麗、PS2でこのレベルの映像というのは凄い。
・当たり前と言えば当たり前なものの、ホラーやグロ映画らしい狂気がしっかり映像として表現されている。
・イベントの進行に合わせて随時加筆されていくメモ機能が結構楽しい。
・部屋から部屋への移動の際に読み込みが無い、ドアをいちいち開ける動きが入るとはいえスムーズで良い感じ。
・デモシーンを飛ばす際にスキップの有無を確認してくれるので誤動作回避に繋がってる、地味に良システム。
悪い点
・相変わらずカプコンのゲームはカメラアングルが非常に悪い。
・数で言えば否定意見が多いものの、bioのように「上を押せば前に進む」の操作の方が直感的にプレイ出来るのでイイ。
・悪いという程ではないと思いますが、何かを調べる際にわざわざ一歩下がって調べるのは手間になってる印象。
・ヒューイが全体的に邪魔。
・使用箇所こそ少ないものの、鍵をいちいち使わないといけないのは手間。
初回クリア時のデータ

ENDING
A
TIME
7時間40分42秒
DOG LEVEL
E
PANIC
8
ITEM
55%
CRITICAL HEWIE INJURIES
6
ENEMIES DEFEATED
11
TYPE
Unjudgad
 クリア後の感想
本来はクロックタワーの新作として制作されていたというだけあって、もぅ完全にクロックタワーでした。
ただ肝心の感想はというと、正直個人的には微妙だったかなーと。
全体的な雰囲気や、終始漂う背徳的な雰囲気なんかは非常にレベルの高いものがありましたし、映像も綺麗。
なので映像も含めた印象面は非常に良いものの、相変わらずカプコン独特の…悪い意味での下手なカメラワークや、
売りの一つであるヒューイがむしろ邪魔にしかなっていなかったり、色んな面でマイナス要素を強く感じたかなと。
クロックタワーは3で酷評されたものの、個人的にはむしろその3を更に劣化させてしまったのがデメント、という印象。
前述のように雰囲気なんかは非常に良い反面、フラグ立てがあまりに多すぎるのでやらされている感が強すぎたり。
ホント映像や雰囲気が良かっただけに惜しいなーと、直前にプレイしていたサイレンが良かっただけに余計そういう感想。


inserted by FC2 system