2009年3月分

 戻る
 

03月31日 (火)
雑文
久しぶりにダコタ・ファニングが見たいなと思い、適当にあみだで選んでから見る事にしてみたんですけど、
今更ながら演技力の高さに驚かされると共に、ここ数年は結構ファミリー向け映画も多いものの、昔は暗かったり
重かったりの映画によく出てたなーと、個人的には後者の方が好きなので嬉しい限りですけど、最近ファミリー向けが
メインになってきたという事は、本人的には流石に暗いのとかは微妙に感じるようになってきたのかな、と残念なトコロ。


03月29日 (日)
雑文
ちまちまプレイしてるバイオ5の実績解除、ようやくプロが終わったので、後はジュエル、フィギュア、フル改造、
この三つだけになったんですが、今更ながら、折角実績のシステムがある事を考えると、ナイフサバイバーとか、
1からのお馴染みだったロケラン救急スプレー使用禁止とか、一応そういうのも入れれば良かったのになーと。
あと…これはカプコン自らAIが馬鹿だと証明してしまうようなものですけど、シングルプレイでプロをクリア、とか。


03月26日 (木)
雑文
昨晩ウチから徒歩5分の喫茶店で発砲事件がありました、近頃は物騒にも程がある。
しかしアレですよね、実際に発砲の音を聞いたわけじゃないのでナンとも言えませんけど、銃声って、
なんか正直しょっちゅう聞いてるような印象ってないでしょうか、夏場とかの花火の音みたいな感じで。
季節を問わず夜とか深夜の時間帯に「パァン!」みたいな音はよく鳴り響いてるので…勿論、流石にそういう音は
本物の銃声ではないと思いますけど、そういう風に似たような音をよく聞いてると、実際に銃声を聞いても
特に驚かない気がするというか、むしろ銃声と感じない可能性が高いだろうな、と思ったり。


03月25日 (水)
雑文
センバツ高校野球、今日はノーノー、或いは完全試合達成間近というところで逃してしまってましたが、
ああいう時のピッチャー心理ってどうなんでしょうね、狙いに行くのか、欲を出して打たれるとマズイので、
逸る気持ちを抑えて平常心でいこうと頑張るのか、むしろバックで守ってる野手の方が緊張するとは思いますが。


03月24日 (火)
雑文
WBC日本代表、正直日本が勝つかどうかより岩隈が勝てるかどうか、の方が個人的には遥かに重要だったので、
そういう意味では、何とも文字にはとても書けないような怒りの鉄拳という感じでしたけども、
とりあえず岩隈が帰国後に違和感発生せずに楽天で投げれるかどうか、が心配です、岩隈おつかれー。


03月23日 (月)
雑文
シックハウスというホラー映画が結構面白いらしい、と聞いたので見ようと思って見てみたところ、
今イチ微妙だな、と思いラベルをよく見てみると「シックスハウス」でした、舞台設定も似てて紛らわしすぎる。

スーパーロボット大戦K
ちまちまとやってます、まだ6話目なんですがとりあえず簡単な感想をまず書いておこうかと。
お気に入り作品は、キングゲイナー、ガン×ソード、ガイキング、を選択。
タイトル画面放置による自動戦闘デモが用意されていたのは良い感じでした、無いとどうも気分が盛り上がらず。
年代的に非常に新しい作品を参戦させてるのは、これはもぅいっそ徹底して新しいモノを入れてるのでイイとは
思うんですが、その割には何故かマジンガーは古いままだったりと、その辺りが少し読めないかなーと。
新旧の混在ならもっと古い作品を出してもいいと思いますし、逆に言えばマジンガーはカイザーの登場するOVAから
出展させても良かったと思うので、良し悪しは別にして作品的にマジンガーだけ浮いてしまってるのが気になるトコロ。
今のところ、過去の携帯機シリーズは非常にシステムが洗練されてたのに、何故か今回は全体的に劣化というか、
不便になっている点が妙に多いので、その辺りが気になってます、のめりこみづらい仕様になってるというか。
悪い点
・精神コマンド使用時にわざわざ演出が入る仕様になった事もあって若干間延びしてる。
・序盤だけかもしれないものの、テキスト自体はしっかり会話させてるのに、妙に淡白な印象が強い。
・全体的に説明のセリフが流石に多すぎる印象、説明しないといけないとか以前に、説明になりすぎ。
・キャラによっては相変わらず顔グラが変、中にはカットインが変という逆パターンも相変わらず有り。
・カーソルをユニットへ合わせる時に一瞬だけ読み込んでるような重たい間が発生する。


03月22日 (日)
雑文
SRWKで遊ぶ予定が狂いました、寝るわ360起動するわ映画のDVD見るわと、どうも気乗りが。
それよりもセンバツ高校野球、毎年思う事ながら、花粉の生徒は特に大変だろうなー、などと。
あと選手的にはどうなんでしょうね、時間のズれがあるとかは抜きに、やっぱり1試合目がいいのかなと。


03月21日 (土)
雑文
昨日SRWKを購入したものの、急に昨日と今日だけ忙しくなった事もありほとんど触ってないです。
購入後30時間以内にやった事がタイトル放置の自動戦闘デモの確認と1話目を20分だけてアンタ。
明日は時間があるので、明日やってみてからとりあえず感想を書こうと思ってるんですけど、特に書く事ないかも。
流石にシリーズが文字通り異常に出てる事もあってシステム的にはほぼ完成されてるので、細部の感想ぐらいしか。


03月20日 (金)
雑文
子供の頃から同じ店でいつも髪を切ってもらってるんですけど、毎回思う事ながら、何故散髪屋の皆さんは
あんなに喋るのが好きなのか、が気になります、今日なんて不覚にも寝てたら起こされました。
そんなに喋りたいのかというか、いくら常連の客でも寝てる時ぐらい寝かせてやれ、と思ったり。

ところでDead Spaceと並行して進めてるバイオ5の実績解除、何故か急激に面倒になってきました。
地道に少しずつプロもクリアしていってるものの、全武器フル改造とか恐ろしく作業よな…とか思うと。


03月19日 (木)
雑文
いやー、今日は岩隈の好投が見れて良かったです、好投というか恐ろしく普段通りでしたけども。
次に投げれるのはルールの関係上決勝なので、恐らくリリーフかなと思いつつ、いっそ先発やってくれと。
しかし毎度の事ながら、どんなスポーツにせよ国際大会におけるキー局の過剰応援実況は何とかならんのかと。


03月18日 (水)
雑文
水滸伝ティアクライスのキャラクターガイド書いました、今回はゲーム自体が非常に良かったので買ってみようと。
しかし当たり前と言えば当たり前なんですけど、108星だけでなく、当然仲間にならない味方や敵にも主要な人物は
大勢居るわけなので、そういったキャラも紹介してくれてる関係上P数が凄い事になってるなーと。
内容自体は漫画小説も有りで、尚且つキャラ一人一人の紹介が詳しく掲載されていたのでかなり良い感じでした。
もう一冊の設定資料集に関してはどうしようか迷ってます、どうせなら500Pで4500円、とかの方が買いやすかった。


03月17日 (火)
雑文
レッドクリフのDVD見ました、三国志はやはり無双の影響もありゲーマーなら少なからず好意を持ってるとは
思うんですが、赤壁が舞台という事であまり期待していなかったんですけども、実際見てみると正直面白かったです。
単純に映像としても良い意味でアジア映画とは思えない完成度でしたし、内容的にも上手く纏まっていて好印象。
戦闘シーンに尺を取りすぎていたり、笛を直す描写を恐ろしく丁寧に描きすぎていたり、全体的にもっと何とか
出来たんじゃないか、と思える箇所もあるにはありましたけど、予想以上に楽しめました、パート2にも期待。

Dead Space
アジア版でのプレイ、ハードで開始、チャプター5までクリアした時点での感想をまずは書いてみようと。
英語は単語の意味は分かっても文法や文章の組み立て方は一切分からないレベル、当然ストーリーは一切不明、
プレイ中は辞書を片手にやりつつ、チャプタークリア毎にwikiで翻訳を見て理解、の流れでやってます。
当たり前と言えば当たり前なんですけど、ゲーム中の会話が9割解読出来ないので、恐ろしく「なんとなく」のプレイ。
「Issac,Where are you? help me.」とか聞こえてきた瞬間は唯一分かる内容とばかりに喜んでます。
現時点での感想は、正直久しぶりにプレイしていて単純に楽しいですし、ワクワクする感じです。
例えば同じTPSのGoWなんかも非常に優れていますが、そうではなくバイオ等に代表されるホラー系のTPSタイプ、
そういうゲームで考えると、口コミで絶賛されるのも頷けるなーと、神ゲーとまではいかなくとも極めて良作。
勿論、ゲームが進むに従ってプレイヤー側が恐怖や驚きに慣れてくるので、そういう意味では新鮮な何かをいつまでも
感じれるというわけではないものの、久しく忘れていた、良い意味での新鮮さというか、何かと感動させられます。
先へ進むのが怖いだとか、ダッシュを使わず歩きながらゆっくり進むだとか、そういうプレイに自然となるゲーム。
個人的には、バイオ、サイレン、Dead Space、前者二つは1作目に限定されるものの、この三作品が何かと近い印象。
良い点
・グラフィックが半端ではなく凄いものの、とにかく光の表現が神がかり的に綺麗でため息が出る。
・体力ゲージを背中の脊椎の部分に表示させる事で画面上に余計なゲージ等を表示させていないのが良い感じ。
・確認してないので絶対とは言えないものの、ドアを開ける度にリトライポイントが記録されるので親切設計。
・右スティック押し込みで次の目的地を表示してくれるので迷う心配が皆無。
・流石に宇宙が舞台なだけあり宇宙空間や無重力エリアも登場するのでバリエーションが豊富。
・映像や舞台的に凝っている事もあり、新しいチャプターへ進むのが毎回楽しみに思えるぐらい映像的に楽しめる。
・イベント中ですら全てリアルタイムでデモ映像が存在しない、おかげでゲームへの没入感が半端じゃない。
・クリーチャーのデザインが実に秀逸、バイオとは違い「殺さなければならない」と思わせてくれる異形。
・全ての面における「音」の表現が素晴らしいの一言、音楽もさる事ながらとにかく音の使い方が非常に上手い。
悪い点
・隕石シューティングの難易度がやけに高い気がする、場合によっては本気でクリア出来ない人も居るぐらい。
・エリアによってはTVやモニターの色調を調整しても見辛すぎる時があるので、その辺りはもう少し明るいほうが。


03月16日 (月)
雑文
WBC、今日岩隈が中継ぎ登板するという事で、朝5時からの試合に備えて寝ずに起きてたところ、確かに投げたものの
1イニングしか投げないという展開になった時は、流石にいくら好きでも寝るべきだったなと朝から非常に項垂れて。

土日は休みなので何をして時間を潰そうかと迷っていたところ、そういえばホステルを見てなかったなと思い見る事に。
夜中は何故かゲームの気分にならないので映画のDVDを見る事が多いんですけど、このホステル、グロすぎました。
個人的にホラーやスプラッタは非常に好きなので、比較的というまでもなくよく見るんですけど、少なくとも個人的には、
今まで見てきたホラー系の中で明らかに一番グロイなと思いました、腐っても18禁なだけはあるなと。
ただ冗談抜きでグロかったので流石にオススメ出来る内容ではありませんでした、間違いなく眠気は消えますけども。


03月15日 (日)
雑文
今年に入ってからというものあまりにサイトを放置しすぎだったので、雑記レベルでもいいから更新しようと。
久しぶりにカウンターを調べてみたところ、チェック程度かもしれないものの、非常にありがたい事に毎日
来て下さっている方も居らっしゃるようなので、せめて何かしら更新しなければ、と思ったり。
とは言っても、ゲームの簡素なプレイ感想、映画の感想、そんなモノがメインになると思うのでアレですけども。

というわけで、Dead Spaceやってます、チャプター4までクリアしました。
隕石シューティングで正直詰んだかと思いましたが、なんとかクリアした時は心底ホっとした気持ちに。
並行して気分転換がてらバイオ5の実績解除も行ってるんですが、後はコンプ系とプロのクリアのみに。


03月14日 (土)
雑文
360のゲーマータグ表示させてみました、左右のバランスが崩れてレイアウトが変な事に。
個人的に便利なのでタグを出してみただけのレイアウト無視とか、よく考えたらどうなんだという気も。
とりあえず特に不便というわけでもないので、タグは表示させたままにしておこうかなと思います。

Dead Space買いました、英語全然分かんないです、各所で言われてるように「イシムラ!」しか分からないという。


03月09日 (月)
雑文
バイオ5クリアしました、結論から言えばあんまり面白くなかったです、GoWまたやりたくなりました。
マーセナリーズは結構楽しめますし、まだSO4を中断したままなので当分先になるものの、バイオ5が、
あまりにも微妙だった事もあってか、何故か急激にデッドスペースとバイオショックをやりたくなってきたので、
近いうちに購入してプレイしてみようかと思ってます、言い方は悪いですが微妙な作品にも価値はあったなと。

BIO HAZARD 5
クリアしました、難易度はベテラン、1周目は一切ネットに繋がずオフラインのみでプレイ、約14時間でクリア。
チャプター毎のランクはBBBBABBBBBABCBAB、取得ポイントは17300ポイント、エンブレムは2/30。
倒された回数トップは流石にリーバーで26回、何回ゲームオーバー食らえば気がすむんだというぐらい狩られました。
以下良し悪しや実績感想関連、文句を言いつつも面白い部分や色々感想を書きたい箇所もあったので、今後も何度か
感想を書くかも、マーセナリーズは相変わらず安定して楽しめるので当分やり込む予定。
悪い点
・ストーリーが悪い意味で普通すぎて、尚且つ予想出来る展開にしかならないので面白みが感じられない。
・挙句に要所要所がインディ・ジョーンズ、マトリックス、ハムナプトラ3、極めつけが「ドーンハンマーだ!」
・カバーポジションで戦えるものの、正直GoWの完全劣化版にしか見えないのがあまりにも難点。
・4と違ってアイテムを拾う仕草を導入したせいでテンポが悪くなってる。
・戦闘が恐ろしく短調、4と違って適当に大量のザコが出てきて突破するだけ、という連続なのは飽きる。
・ボリュームの無さは半端じゃない、せめて4ぐらいのボリュームがあると思っていただけに中身が…。
・ゲームクリア時に全体としての評価が表示されないのはあまりにも…。
 実績解除
初回プレイで解除した実績は32/50、540G、最後までオフライン、難易度は初回ベテラン解除、解除は狙わずプレイ。
解除した実績はチャプタークリア時のモノを除くと「ベテラン」「戦闘員」「訓練生」「コンボアタック」「因縁」
「ハートアタック」「ミートシャワー」「サンダーボルト」「トゥルートラスト」「ホットショット」
「クリティカルスナイプ」「ナイフマニア」「大爆発」「ラインセーバー」「ヘルパー」「クロースコンバット」
「ウィークポイント」「電気ショック」といったモノが解除されてました。
個人的に実績に関しては、初回プレイ時は当然実績解除に必要な項目を一切確認せず、解除された実績のみどういう
内容で解除されているのか、を確認して二周目以降に実績解除を狙い始めるんですが、特に気にせずプレイしていて、
半分以上解除出来てしまった、というのは正直残念でした。
やはり実績解除に関しては難しければ難しい程イイと思っているタイプなので…勿論、中には難解な項目なものの、
たまたま条件を満たせた、或いは偶然実績解除する事が出来た、という項目もあるとは思うんですが、少なくとも初回で、
何も気にせず普通にプレイしていたのに、半分以上解除出来てしまったというのは残念としか言いようがないかなーと。
残りの実績解除の中身を確認しても、正直「これは難しい」と言える程難解な項目が無かったのも残念な限り。
勿論50個全ての解除を目指す予定ではあるものの、50個全て解除し終わった時点で「終わった」という達成感を
得る事が出来るかどうかが今は心配です、悪い意味で気付けば解除出来てしまってるので達成感があまりにも希薄。
 感想
ある意味仕方無いかもしれませんが、どうしても4と比べてしまうと映像以外全ての面で劣ってると感じてしまいますし、
カバーポジションや衛星レーザーがGoWと比べると共に操作性を悪くした劣化版にしか見えなかったりと、
比べようとするのではなく「自然と」他社の良質なゲームと比較してしまうので、ソレで考えると見劣りするな、と。
一切比べる事なくバイオのシリーズのみで考えても、やはり前作の4があまりにも素晴らしい完成度を誇っていたので、
その4と比較しても全ての面で退化しているうえ、全体的に今回は作業感が妙に強かった印象がありました。
アフリカが舞台と銘打ちながらも結局すぐにアフリカは終わり大量のザコを倒しながらステージを進むだけで、
4と違い特にシナリオに気合を入れておらず、ウェスカーに関しても無理に組み込んできた印象が強く。
クリスはジルの事ばかりで、逆にウェスカーはウロボロスの事ばかり、ストーリー的にも捻りも何もなく、何故ジルは
都合良く人体のまま生かされていたのか、といったご都合主義な事にまでいちいちやっかんでしまったりと、とにかく
今回は、少なくとも個人的には非常に完成度が低いなと感じてしまいました。
よく「4はもはやバイオじゃない」と言われているものの、4は白昼襲いくる村人の恐怖や、言葉の通じない人間としか
思えない集団から襲われる「恐怖」があったのに対して、今回は好き嫌い抜きに恐怖を演出する場面が一切なかったり、
挙句の果てにウェスカーはワープするわマトリックスばりの動きで避けるわと、5こそ正にバイオじゃないよなー、と。
結論から言えば、今回はとにかく恐怖以外にも新鮮さが皆無だった、というのが致命的でした。
単純にゲームとして面白いかどうかという根本的な問題とか、敵のモーションが4と同じとかは抜きにしても、
4でゾンビから人間に変わって、結局5はその人間のままなので驚きはなく、かといってシェバとの二人旅はただ単に
煩わしいだけだったりと、全体的にテンポが悪くなったうえに新鮮さも無い、というのが致命的だった印象。
単純にアクションゲームとして考えた場合はイイのかもしれませんが、少なくともバイオという作品である事、
プロデューサー自ら「4の正等進化系」と発言してる事を考えると、やっぱり劣化してるだけという印象は拭えず。
勿論、そんな風に文句を言いつつもしっかりクリアまで投げ出す事無くやれましたし、クリア後のマーセナリーズは
相変わらず楽しめる内容で、他にもエンブレム集め等やり込める要素がある点に関しては非常に評価したいものの、
とにかくゲーム本編は、お世辞にも面白いとは言えない内容だったなと。
ジルがフィオナにしか見えない外見になってたのはまぁ…次世代機版フィオナが見れたと考えるべきという事で。


03月07日 (土)
雑文
バイオ5が発売されたのでスターオーシャン4は一時中断してるんですが、正直バイオ5微妙な感じです。
何を今更という感じではあるものの、やっぱりプロデューサー次第で面白さは全然変わってくるなーと。

BIO HAZARD 5
360版のデラックスエディションを購入、クリアするまではオフラインの一人プレイで、難易度はベテラン選択。
死んでも気にせずリトライしてるので、プレイ時間は結構いきそうな感じがしますが、一周目ぐらいは楽しもう、と。
とりあえずチャプター的には3-1までクリアしたところでまず感想を書いてみようと思ったんですけども、今回は正直、
以前配信されていた体験版をプレイした時も思ってた事ですが、個人的には、あんまり面白くないかなーと。
例えば、ようやく操作に慣れてきて死なずに進めるようになった、とかそういう面白さはあるかもしれませんけど、
単純にゲームとして考えた場合は、同様に期待してなかった4の神がかった面白さと違い、今回は…勿論、4の完成度が
尋常じゃなかったので、面白かった為に、どうしても似たようなTPSタイプの5を4と比較してしまう、という事は確かに
あるんですが、それでも4と違って今回は「触ってみての単純な面白さ」は、正直今のトコ感じられないかな、と。
実績に関してもチャプター毎に解除という簡単さだけでなく、気付けばどんどん解除されるぐらい簡単なモノが
用意されてるので、クリアした時点でどれだけ難しい実績が残されているのか微妙に不安にもなったり。
まだ中盤なのでナンとも言えませんが、現時点では100点評価の60点ぐらいの印象、つまらないの一歩手前レベル。
良い点
・ストーリーの進行に従って見れるようになるクリス達キャラクターのファイルが凝っていて面白い。
・要所要所で登場するボスに関しては、相変わらず良い意味で弱点などが分かりやすく設定されていて良い感じ。
悪い点
・悪いという程の事ではないかもしれないものの、開発期間が長かった割には映像以外4と変わらない。
・その割には4よりも操作性や爽快感、単純な面白さや気持ち良さ、少なくとも個人的には全ての面で下回っている。
・360のゲームの中ではまだマシなものの、それでもやはり字が小さいのでファイル等は読みにくい。
・デモシーンに関しては背景のキャラと文字が被っていて色合い的に非常に読みづらい。
・映像は確かに綺麗なものの、360の中では並レベルで、尚且つバイオ特有の怖さが感じられなくなってしまってる。
・アイテム画面はリアルタイムにも関わらずクリスは移動する事が出来ない。
・同時に、Yボタンによる移動が不可能で「渡す」コマンドを選択する必要があったり非常に不便。
・4と違い、手持ちのアイテムが限界でもハーブをそのまま使用する事が出来ない。
・シェバに細かい指示が出来ないだけならまだしも、アシュリーと違ってプレイヤーの邪魔にしかなってない。
・ストーリーが「5特有の面白さ」よりも「4〜5までにあった出来事」に主眼点を置いているのはどうかと思う。
・動きが非常にもっさりしてる、4のレオンと違って、単純に重たい。


inserted by FC2 system