君が望む永遠

 戻る
 


君が望む永遠

肢体洗いなんか見てるからか、時間が無くなってしまったので君望だけ見ておきました、他のは来週。
age好きであり、わざわざ君望のDVD版まで購入する程の自他共に認める君望フリークのこの俺でありますが、
アニメの最初の展開5分くらいでしょうか、遥が孝之に告白するまでの日常描写はあまりにも寒かった。
流石にソレ以降の展開はゲーム通りなおかげか、ツッコミ辛い以外は相変わらず面白くて完成度高いですね。
とりあえず孝之の顔が平凡極まりないとか、特徴が無さ過ぎる通り越して背景並に薄いのが流石ですね。
個人的にはもう少し優柔普段ぶりを発揮した顔をして頂けると宜しかったんですが、何て言うんでしょうか、
全13話の関係上か、第一章から始まってるとはいえ展開が早すぎるのが気になりましたね。
挙句に水月の孝之に対する描写がゲーム以上に露骨に描かれていたり、信二との友情面が無駄に描かれて
いなかったりと、やっぱりアニメは時間が限られているせいかageの完成度はアニメでは厳しいですね。
肝心の曲に関してはゲームと同じ曲を使用しているのがいいですね、それにセリフ一言一言に重みがあり、
特に水月のセリフなんかはゲーム同様、聞いていて素でキれそうになるのもいいですね。
あとは…質の悪いエロアニメみたいな作画が何とも言えないですね、もうちょい何とかならんのか。
そのせいか、なんかですね、ヒロインのはずの遥があんマンみたいな顔に見える。



君が望む永遠

相変わらず休みだというのに溜まってるアニメを殆ど消化してないわけですが、君望だけは見ました。
このアニメはゲームの性質上非常にツッコミ所が少なく…むしろ水月の言動にリアル発狂するくらいの
状況にしかなれないので、面白い以外の感想が書き辛くて恐縮なんですが、今回は一味違いましたね。
ほら、ゲーム第一章でもお馴染みの遥の部屋でヤってまうイベント、アレがあったわけなんですが、
何て言うんかな、確かにグリグリでは地上波でモザイクが、らいむではヤる直前までの前戯シーンが、
一騎当千では孫策がイってまうシーンが流れたりもしたわけですが、この遥結合イベントな、凄かった。
いやな、いくら深夜枠とはいえ画面上には裸体で抱擁する孝之と遥の姿があるわけなんですよ。
マジでマズイ、あの大人しい遥が!何故かベッドの上で裸になって孝之と抱擁!「あ…」とかホザいて!
まかり間違って幼少の砌のお子様がこんなモン見てみろ「お母さん、どうして遥は裸なの?」とか聞いても
「さっきまで浴衣を着ていたから暑いのよ」とかしか返されへんやろ。
そこに更に子供が追い討ちをかけるように「お母さん!遥が苦しそうな声を出してるよ!」とか言っても、

ぼうや、アレはさぎりじゃよ としか答えられねぇだろうが!

分かるか!?裸で抱擁やで!!?お互いが裸体で抱擁、裸体抱擁!!!
裸体抱擁ですよ、聖闘士星矢辺りで出てきそうな技名ですよ、何してんねんお前ら。
残念ながら全編通してツッコミ所はそこしか無かったわけなんですが、真面目な感想としては、
流石にこの第二話で第一章が終わる関係で、ゲームとは違い第一章…ひいては遥と孝之の関係を鮮明に
描く事が出来なかったわけですが、個人的には孝之がお祭りの日に水月と喋っている時に言ったセリフ、
「友達を大切にする〜」とかいう件のアレだけは再現してもらいたかったですね、結構好きなシーンですし。
そんなな、バルジャーノンが入荷したとかいう小ネタは盛り込まんでええねん、裸体抱擁はええねん。
「夜空に星が瞬くように」というアレも演出と挿入個所の関係で今イチ心に残らなかったですし、
遥が事故るシーンも今イチ「事故った」という印象が無いのが残念でなりませんね。
ただな、茜ちゃん初登場シーンな、なんでか分からんけどファンタ吹いた。
ほんまなんでか分からんけど豪快にファンタ吹いた、何が起こったのか俺にも分からんかった。
吹いたのはこの際置いておくとして、次回から第二章なのでちょっと楽しみです、いつ見れるか分からんけど。



君が望む永遠

君望の第三話見ましたー、次見た時の感想から一騎当千みたいに最初はフォント変えとこか思います。
さて、大空寺が初登場と相成ったわけですか、アレですね、この邪悪な口の悪さを久方ぶりに聞いていて
ようやく分かりました、当時プレイした時から「誰かに似てるよな、この口の悪さはよぉ」とか思ってたわけ
なんですが、アレや、この口の悪さは俺やというわけですね、むしろ女なのでM美ですが。
「何さらすんじゃボケェ!」とかな、簡単にお客様にホザく辺りバイトBで現在リーダーに軽くホザく俺に
実に似てる、関係無いけど先程ウチの母親が電話で誰かに怒ってたんですが、この口の悪さは母親譲りです。
!ちゃうやん!もっと大事な事があったんやった!ほら、大空寺も確かに大事やけどもう一人おるやんか!!!
あのな、既に三話まで進んでようやく思い出したんやけどな、緑の螺旋回廊が居ない。
マナマナなどという聖剣辺りで生えてそうな木みたいな螺旋回廊ですよ、よもや登場しないという事は無いと
思いますが、OPにすら登場してないこの事実がヤバイ、孝之も水月と裸体抱擁やってる場合じゃないぞ。
水月も深夜やから思て公共の電波使って全国のお茶の間に喘ぎ声流してる場合ちゃうぞ。
ちょっと眠くなってきたので簡素に書きますけど、やっぱり作画が微妙と言っても面白いですよね。
相変わらず孝之と水月の言動の一つ一つに素でキれかけるのも良いですし、茜ちゃんが可愛いのもイイ。
どうでもいいけど、OP映像に信二の姿が無いのが不憫でなりません。



君が望む永遠

はい!というわけでですね、今週の君が望む永遠のお時間がやって参りました!
いやほんまビビるビビる、久しぶりの休みで一騎当千から見よ思たら録画ミスってるしな。
それで君望なんですが、何て言うんでしょうね、ゲームと違って水月の日常が描かれているのが好印象ですね。
ゲームだとただのウザイに留まるアマなわけですが、ああやって日常を見せる事によって水月側の事情や
日々の仕事と遥の事などの葛藤を視聴者に見せる事が出来るわけですからね、流石の俺も感服致しました。
最も、病院で緑の螺旋回廊が受付やってた事で水月の存在は全て消え失せたわけですが。
ちゅーかマナマナっすよ!緑の螺旋回廊と言われる排他的人物であるマナマナっすよ!
何故彼女がOP映像に登場していないのかが不思議でならないですね、今回のアニメ版君望のEDはゲームで
唯一螺旋回廊の流れを汲むマナマナエンドですからね、遥が現状を理解し、水月が性悪な本性を見せ始め、
大空寺がコンビニ店員に纏わり付かれるその時、12話辺りで孝之はマナマナにギャグ嵌められますからね。
何て言うかもぅギャグですからね、笑わすあのギャグじゃないですよ、口に嵌めるあのギャグですよ。
猿轡と違ってアゴが外れるという特典付きですからね、最終話ではアゴ外れっぱなしの30分間ですから。
そして最終話のED映像では孝之くんは脅威の両性具有になってしまわれた映像が流れますからね、
雑誌等のインタヴューで監督は「原作で最もインパクトのあったEDを忠実に再現した、ファンの方には
非常に満足して頂けるラストになったと思われる」という明言を残しますから、喘ぎ声にモザイク、
ギャグに両性具有と、ほんま最近のアニメはどないなっとんねん。
というですね、ネタが無いおかげで普段より何故かハイになっているわけですが、明日はバイトです。



君が望む永遠

さて!今週の君が望む永遠のお時間がやって参りました!すこぶる眠い!
いやいやほんま、流石は茜ちゃんというべきか、心に染み入る素晴らしいセリフを放ってくれました。
いくら姉が事故って、その彼氏は自分が尊敬してた女とラブラブになってもうて、しかも親にナニ言われたか
知らんがここ数年見舞いにすら来なくなっていた相手とはいえ、女子高生が「お前はもっと苦しめ」ですからね。
怖い怖い、コレはそこはかとなく仄かに匂う犯罪の香りが致しますね、実にかぐわしい。
この強烈な発言からも分かる様に、最終的に茜ちゃんは孝之のトコに逃げ込んで己の肉体で孝之の心を
繋ぎ止めようと必至になっている下衆な女を見て「お兄ちゃんどいて!そいつ殺せない!」発言ですからね。
スゲーな、とても女子高生のセリフと行動とは思えん、正に心を摘む戦い。
そんな大変な時に信二は大学で女ナンパしてますからね、むしろそのナンパ劇の一部始終を描けと。



君が望む永遠

ゲームではなくアニメ版の方の感想です、二ヶ月前の日記停止時までも毎週感想書いてたんですが、
この度目出度く最終回を迎えたわけなので、ここらで一つ私的な感想でも書こうかと。
流石に深夜枠とはいえ、誰もが見れる作品という事もあってかゲームとは違って水月のグロイまでの
馬事暴言の限りが描かれていなかったのが真に残念ではありましたが、余裕でヤってるシーン流すわ
水月の喘ぎ声は二話に一度は聞こえるわ、挙句に水月が全裸で立ってるシーン流すわと、中々豪気な
描写も目立つこの作品、さぞかし最終回は遥を交えてのサバトが描写されるかと思いきやアンタ、
いきなり遥捨てて泣きすがりながら水月に懇願するというヘボイ展開、ちゅーか水月エンド。
あれだけ遥にキスしたり毎日足しげく病院通ったり、水月シカトしたりと鬼の様な所業を繰り返してきた
この豪鬼がいきなり水月エンドですからね、しかも遥には前日に「誰とも付き合ってないよ」とか
ホスト顔負けの笑顔で言っておきながらその翌日に「話したい事があるんだ」とか行って浜辺連れてって
「さよなら」ですからね、遥車イス必須やのにそのまま浜辺放置ですからね、鬼かお前は。
俺が水月をミジンコを踏み潰す時の快感並に嫌ってる事をはご存知かと思いますが、実際のゲームでも
勿論未だに水月のシナリオだけクリアしてないんですよ、なのでこの話の流れが実際のシナリオと同じ
なのかどうかは分からないので何とも言えないんですが、この展開だと異常に消化不良ですね。
登山にスニーカーで行ってもうて、山頂付近でスニーカー履いてる事に気付いた瞬間番組が終わった、
みたいな感じでしょうか、全然意味分からんからアレやけど。
最終話手前までの展開は割りと悪くなかっただけに悔やまれるラストでしたね。
どうせなら遥と水月に二股かけて、調子こいて茜ちゃんにまで手を出したところでバれてまう、
その結果信二にボコられて女軍団から往復ビンタの嵐とかいう結末にしていただきたかった。
全然関係無いんですが、孝之をお茶に誘う文緒の顔が無駄にエロかった。
「お茶しな〜い?」とか言うてお前はほんまにお茶飲みたいんかと、別のモン飲みたいんちゃうんかと、
ポッド孝之から出るお茶飲みたいちゃうんかと小一時間問い詰めたい。
などというですね、下劣な考えがヨギのも仕方が無いといった構えで望む顔でしたね、アレは。
一つぐらい真面目な感想を言ってみるとしたらですね、やっぱり大空寺シナリオでの最高の名言、
「私はパンを焼いてあげました………だから貴方もパンを焼いて下さい………」が予告時の遊びにとはいえ
しっかり使用されていた事ですね、出来れば水月に言ってやってあらん限りの醜態を見せる水月を
拝んでみたかったのも事実ですが、とりあえずは君望至上屈指の名言を聞けただけでも良しとします。
全体を通して見ると、確かに面白かったんですが今一つ何かに欠けるという感じでしたね。
全14話という構成のおかげでビデオ一本で収まらないというのも微妙にアレでしたし。
しかもまた、全てを見終えて一番印象に残ってるのが茶シバきにかかる文緒の顔がエロかった、ですから。


inserted by FC2 system