ウルトラマンマックス

 戻る
 

 第14話〜第26話
 

 第27話〜第31話
 


ウルトラマンマックス   第01話 「ウルトラマンマックス誕生!」
2008年4月13日からファミリー劇場で再放送されている分を見ての感想です、ネクサス以外だとマックスが最後に鑑賞。
レイアウトの関係上収まりきらなかった怪獣は、溶岩怪獣グランゴンと冷凍怪獣ラゴラス。
特に何がどうだと身構えるわけでもなく普通に見させて頂いたところ、良い意味でウルトラマンらしい完成度でした。
映像的には近年の作品らしく非常に綺麗に仕上がってますし、ファンサービスなのかどうか分かりませんが、OPは
古き良き昭和シリーズでお馴染みの影絵、劇中で登場するかどうかは別にレッドキングやゼットンを見せる辺りが憎い。
従来のシリーズと違う面としては、恐らくヒロインに相当するであろうミズキが、良い意味でウルトラマンの俳優としては
似つかわしくない綺麗な外見で映像的にも華やかだったり、オペレーターのエリーがアンドロイド?なので面白かったり、
色々と新しい試みが取り入れられているのが新鮮でした、他の隊員の個性が初回の時点では若干弱いのが残念ですが。
残念と言えば、今後どうなるかは分からないものの主役のカイトが、個人的には少々致命的と言わざるをえないかなと。
こういう言い方は失礼ですが、カイトの俳優の「顔」が、ホント失礼ながら全く特徴の無い脇役顔なのが残念です。
キャラクターとしては今後良くなっていくかもしれないものの、現時点では俳優の顔があまりにも幸の薄い個性ゼロの顔。
 DASHは凄いのか迂闊なのか
歴代の防衛隊と違い、いきなり戦闘機だけでグランゴンを完全冷却後に余裕で粉々に破壊する、という強烈な強さを
見せつけてくれたので「これはどう考えてもウルトラマンの力は必要ないだろう」と思わせてくれたのも束の間、
何故か粉々になったグランゴンの破片を地上に放置したまま帰還し、ソレが原因でグランゴンが復活するという展開。
これは正直迂闊と言わざるをえないですよね、どう考えてもDASHのミスで被害が広がる結果に繋がってしまってると。



ウルトラマンマックス   第02話 「怪獣を飼う女 -放電竜エレキング登場-」
二話からいきなりお約束の「就寝中に起こされて寝惚けて出動」が見れて面白かったです、キャラが固まる前にやるとは。
てかいきなりエレキングキ…(-_-)キ(_- )キ!(-  )キッ!(   )キタ(.  ゚)キタ!( ゚∀)キタ!!( ゚∀゚ )キタ━━━!!!
確かに前回の予告の時点で姿を見せてはいたものの、実際に目の当たりにすると「おぉ!!」という感じでした。
更に、これは当然の事なんですがセブン当時とマックス当時だと技術力のレベルが全然違うじゃないですか。
加えて全く同じ出来でもカメラの質やTVの映像の質が違うので、仮に全く同じでもマックス当時の方が映像は綺麗、
そのおかげでエレキングがひたすらカッコ良く描写されていて、もぅ涙モノの感動でした。
あとは戦闘時における特撮レベルの高さ、市街地破壊しまくりなのは気になりますけど非常に迫力があって良かったです。
 エリーによる名言
「全員潤滑油が必要なようです」だったり「あれがジェラシーという感情ですね。インプットします」だったりと最高。
またセリフ回しが無駄に上手い気がします、場面も一人でスっと喋ったり、何かと良い意味で心にグっと来るというか。
個人的にマックスの特徴と言えば、やはり二話にして既にエリーだと思うんですが、冷静に考えれば凄いですよね。
ミズキはミズキで活発的なうえに、俳優の方が綺麗でカッコイイという得な外見をしてるので印象に残りやすい。
尚且つもう一人の女性であるエリーもインパクトがあるので印象に残ると、ウルトラシリーズで女性二人が目立つのは久々。



ウルトラマンマックス   第03話 「勇士の証明 -古代怪鳥レギーラ登場-」
歴代のシリーズと違い「ウルトラマンも強大な力を持ったエイリアンかもしれない」という見方は面白かったです。
確かに、実際「確実にウルトラマンが人類の味方」と、登場した時点で判別出来るケースというのもそう無いので、
今回のような視点での展開は面白いなと、図に乗ったカイトが個人的な思惑でマックスに変身しようとするも変身出来ず、
というのは新マンを連想させて面白かったです、カイトは一話で勝手に戦闘機に乗り込んだり勝手な行動が目立ちすぎ。
内容的には…結局冒頭の部分で上層部がマックスを調査対象にする、という描写があっただけで終盤には絡み無し。
暴走して落ち込むカイトは、良くも悪くも王道展開で立ち直ったので特筆すべき点は無し、という無難に纏まった内容。
強いて言えばエリーが無駄に良い感じでした、何故かマックスがレギーラを倒すとしきりに首を左右に傾げまくったり最高。



ウルトラマンマックス   第04話 「無限の侵略者 -高速宇宙人スラン星人登場-」
今回はとにかくミズキの一言に尽きるエピソードでした、カメラ割りの良さも相俟ってミズキがカッコ良すぎる。
単純にカッコイイだけでなく、ミズキに変身したスラン星人を射撃後「騙されないで、あたしはもっと可愛いわよ」とか、
カイトに肩を貸してもらってたのを「一人で大丈夫よ!大丈夫なんだから!」で走り出すとかなんというツンデレ。
マックスは何かと良い意味でウルトラマンらしくない描写が目立つものの、そういったらしくない描写が作品の良さを
引き出すのに一役買ってるのがとにかく良い感じ、全体的にテイストが明るいのが見てて安心感を感じるというか。
それに、今回の敵は人型のスラン星人という事もあって、結構デザインがシャープな感じで良かったです。
マックスとの戦闘シーンも「怪獣との戦い」ではなく「人型との戦い」だからこそ出来る動きが多くて面白かった。
ところで車が凄すぎました、簡単な操作一つで車から戦闘機に変形可能とかどこのポインター改良版なのかと。



ウルトラマンマックス   第05話 「出現、怪獣島!」
登場怪獣は、両棲怪獣サラマドン、飛膜怪獣パラグラー、装甲怪獣レッドキング、電脳珍獣ピグモン。
サブタイや登場する怪獣を確認するまでもなく怪獣島、今見てもやはりキング・コングの髑髏島の印象が色濃く。
ただ個人的にはそれだけで、特に感想は無かったかなーと、相変わらずレッドキングはピグモンを狙ってるですとか、
そういうお約束があったのは良かったものの、他の面では然して気になる要素はありませんでしたし、まさかの前後編で
次回に続くというのも現時点だと微妙な感じ、またお約束に従ってピグモンが殺されないかが注目ではあるものの。



ウルトラマンマックス   第06話 「爆撃、5秒前!」
相変わらずというべきか、やっぱり前後編は特に然したる感想も無いかなーという感じでした。
初代ウルトラマンと違いピグモンが死なずに終わる展開というのは結構良い感じでしたし、最後にぎこちないながらも
笑顔を見せるエリーはかわいらしかったものの、全体的には特に感想が無いかなーと、良い意味で安定はしてましたが。



ウルトラマンマックス   第07話 「星の破壊者 -宇宙工作員ケサム登場-」
何かもぅミズキは毎回必ず転んでるような気がしてならないわけですが、前回の前後編と合わせて二話連続崖から落下。
内容的には「星を守る為に文明を破壊する」というケサムの行動が、よくある展開とはいえ結構考えさせられるモノで
悪くはなかったものの、ちょっとそのケサム自身が微妙だったかなーと、ミズキの言動に心を動かされすぎというか。
確固たる意思で星を破壊し続けてきたっぽい描写なのに、ミズキの…言い方は悪いですがありがちな言動で簡単に地球の
破壊を辞める辺り「星を守る為に文明を破壊」という大きい行動に出るようなタイプには見えないかなーと。
そのミズキも、ちょっと今回はケサムに対する言動がミズキらしくないというか、展開優先の行動だったのが個人的に微妙。



ウルトラマンマックス   第08話 「DASH壊滅!? -甲虫型宇宙怪獣バグダラス登場-」
何気に危機的な展開でした、マックスが居なければ冗談抜きで凄まじい被害が出てたのは間違いない展開。
そんな中にも笑いの要素が用意されてたのは和みました、ミズキがカイトの為に誕生日のケーキを作り、ソレを食べようと
行動したコバに対して「まだカイト隊員のお祝いがすんでないからダメ!」とマジで怒る辺りが、妙に和むというか。
 ほぼ全員に見せ場のある展開
今回はコバ以外の全員に見せ場があったのが非常に良い感じでした、コバもミズキと負傷者を助ける為に単身囮に
なるという大役はあったものの、映像が無かったせいでインパクト面で今イチ欠けるのが少々残念なトコロ。
珍しく隊長がカイトと行動して守ったり、ミズキは単身バグダラスを追いかけて首筋にダメージを受けたのに応戦、
カイトも安易にマックスになるわけではなく一人の隊員としてバグダラスに最後まで食いついたり、ショーンも奮闘。
でも、今回一番光ってたのはやっぱりエリーでしょうか、論理よりも人間の気持ちとしてコバをメディカルセンターへ
運ぶ為に危険な現場へ赴いたり、カイトの誕生日を祝う為に色々考えてたり、王道ながら成長する展開が面白いです。



ウルトラマンマックス   第09話 「龍の恋人 -伝説怪龍ナツノメリュウ登場-」
村長の息子が湖に作り物の龍を仕込んでましたけど、怪獣が出る世界ならアレが「確実に作り物」とは言えないので、
そういう意味ではネッシーなんかの類は重宝しますよね、場合によっては本物、という可能性もありえるわけですし。
ただ逆に言えば、そこら中で怪獣が出るような世界なので、正直珍しくもなんともないような気はしますが。
しかし…ウルトラ水流でなく光線のような技で火災を鎮火した辺りに時代を感じました、今は放水ではなく不思議な力。
 村長の息子が終わってる
権力者の子供は基本的に終わってる性格が多いですけど、今回出てきた村長の息子はヤバイですよね。
確かに過疎化し始めてる村の場合は観光客を呼び寄せないと廃れる一方なものの、村に古くから伝わる伝説の龍を
観光に利用して、作り物とバレてもDASH隊員に対してゾンザイな態度で開き直り、挙句に何故か龍の祠まで破壊。
最悪伝説を利用するだけならまだしも、破壊する必要の無い龍の祠を完全に壊したのは、器物破損以前に最低すぎ。



ウルトラマンマックス   第10話 「少年DASH -空間転移怪獣メタシサス登場-」
DASHの装置は電磁波の影響を受けないように設計されてるのでメタシサスに反応しないが、携帯電話なら分かる、
という設定が面白かったです、便利すぎる最新鋭機器の盲点をついた展開というのは凝ってて面白いなと。
どちらかと言えばガイアっぽい展開だった気がしないでもないですが、キャラの関係上マックスらしく見えるという。
しかし今回のマサユキ、異常に顔が綺麗なのにコバに対してだけ恐ろしく生意気、というのが少し気になりました。
最後に和解して協力する為の生意気設定なんでしょうけど、露骨にコバに対してだけ態度が悪かったので印象が微妙と。
一方のコバ、ようやくメインになれたエピソードなのに、別にコバだからこそ、という展開で無かったのは残念でした。
何度失敗しても諦めない、はイイんですが折角射撃の名手という設定があるわけなので、ソレ関係が欲しかったかなーと。



ウルトラマンマックス   第11話 「バラージの予言 -磁力怪獣アントラー登場-」
バラージと言えばキャップの大遠投を思い出してならないわけですが、個人的に今回は微妙だったかなーと。
特にアントラーを出す必要のある内容ではなかったですし、前述の大遠投展開も特に無し。
一応最後に「以前もマックスは地球に来ていたのかもしれない」という点が類似してましたけど、敢えてアントラーを
出してまでやるようなエピソードではなかったかなと思いました、現代風にリファインされたアントラーは良かったですが。



ウルトラマンマックス   第12話 「超音速の追撃 -超音速怪獣ヘイレン登場-」
マッハ9を超える機体に搭乗しておいて何も問題が無いコバはもはや人間ではない気がしてなりませんでした。
肝心の内容の方はというと、今回は真面目なのかギャグなのか分からないぐらい双方の要素が盛り込まれていたので、
面白いというよりも色々と楽しかったです、良い意味で安定して楽しめる単発エピの見本という感じ。
マックスがヘイレンを倒してガッツポーズをするエリーに始まり「お腹空いた」というセリフで充電を行い笑顔、
隊長はマジな顔をして「君たちの音楽が地球を救うんだ」や、ミズキだけはしっかりライブのチケットを買ってたりと、
過去のウルトラシリーズでは他に類を見ないぐらい普通の女性らしい一面を色々見せてたり、何かと今回は楽しめました。



ウルトラマンマックス   第13話 「ゼットンの娘 -変身怪人ゼットン星人 宇宙恐竜ゼットン登場-」
かつてここまでサブタイにインパクトのあるエピソードがあったでしょうか、ゼットンの娘て、それだけで見たい。
しかも夏海もナニを言うかと思えば「ゼットンの娘です」とか、そんな事真顔で言われたら固まらざるをえない。
ただそんなインパクト満点のサブタイとは違い、ゼノンの助力の結果とはいえゼットンがあっさりと撃破されたのは、
これは正直残念でした、やっぱりゼットンを出すからにはせめて一度マックスに「確実に勝った」の描写が欲しかったなと。
デザイン的にはマックス版のゼットンの質感が素晴らしかったり、個人的に夏海役の長澤奈央が非常に好きなので、
そういった映像面で言えば非常に楽しませて頂きました、何故か忍者の格好になったりする辺りも無駄に良かったです。
 科学者の勝手な言い分
昔超能力を所持していた夏海、その超能力を科学的に解明する為に実験をしたと言ってましたけど…描写が無いだけで
本人も了承してたのかもしれませんが、ちょっとそれはどうかと思いますよね、言い方を変えればただの人体実験ですし。
挙句に実験の結果超能力が無くなり、ソレはトランス状態を過ぎて普通になったので超能力が無くなった、と当時の科学者
は考えたようですけど、何故自分達の実験が悪影響を及ぼしたのでは、と思わないのかが不思議ですよね。
可能性で言えばそっちの方が遥かにありえるのに…というよりもまぁ、ある意味科学者らしいと言えばらしいんですが。
 夏海は何故ゼットンの娘と語ったのか
正直「夏海が来たと伝えて下さい」で十分通じるでしょうに、何故かゼットンの娘であると呼称。
幼少時代からゼットン星人関連の関わりがあったのかもしれませんが、劇中の描写だとゼットン星人を嫌ってるのに、
敢えてその名前を使った理由は何かあるのかなと、深読みすればあの時点で既に操られてて内部の構造を知る為…に
行動していたのであればゼットン云々なんて怪しまれるだけなので…マジでなんだったのかが気になるトコロ。
まぁ気になるとか言い出せば、何故夏海は時折浴衣を着て行動するのか、といった点も最後まで気になったままでしたが。


inserted by FC2 system