ゼルダの伝説 時のオカリナ

 戻る
 


ゼルダの伝説 時のオカリナ


バーチャルコンソールでDLしてプレイ開始、64は未プレイ。
コントローラーはGCコンを使用、リモコンは触っておらず。
何故か黄金のスタルチュラで爆笑しました、何故かは不明。
ゼルダは神々のトライフォース以降触っていないので、
据え置き機では丁度順番にプレイしてる事になるんですが、
今でこそ3Dでフルポリゴン、こういうタイプのゲームはもはや
主流になったものの、当時だと斬新なわけじゃないですか。
…まぁ、発売時期を考えれば既にPSやSSがポリゴンに
突入してたのでそこまで目新しくもないかもしれませんが。
何にせよ、当時はどんな反応だったんだろうなーと。
時のオカリナと言えば神ゲーと名高い作品ですけども、
やっぱり神々のトライフォースから時のオカリナのように、
もぅ一気に変わったじゃないですか、映像面で。
ここまで変わると反発も大きかったんだろうなと思ったり。
でまぁ初プレイなので色々感想を書いてみようかなと思うんですけど、プレイ日記みたいに書くか、
各ダンジョンの感想だけを書くかは…まぁその時の気分で決めるという事で。
しかしアレです、何かもぅサリアが死亡フラグ立ちまくりに見えて仕方ありませんでした。
今はハイラル平原に出れるようになったトコロで中断したんですが、上記画像の兵士の発言に吹きました。
良い点
・フィールド上やダンジョンを問わず、イベント中でなければ文字通りいつでもセーブ出来る。
・視点を操作した結果発見した何かが原因でイベントが発生するなど、プレイヤーとリンクの気持ちが一体化してる。
・3Dになったことで360度全てを表現に使う事が可能になったので、今まで以上に仕掛けを豊富に出来るようになった。
・デクの棒に火をつけ仕掛けを動かす基本に加え、地面にクモの巣があるのでデクの棒を振り燃やすなど手口が豊富。
・効果音がシリーズで御馴染みの音なので耳に心地良い、仕掛けを解いた時のあの曲がまたイイ。
・ゼルダと言えばやはり2Dのイメージが強かったものの、実際にプレイしてみると意外と3Dでも違和感が無い。
・ナビィがモンスターの説明をしてくれるのが楽しい、弱点が分かるだけでなく単純に説明が見れるのが嬉しいトコロ。
・夜は城門に繋がる桟橋が上がっていて城に入れない辺りが極めてリアル。
悪い点
・そもそも64のコントローラーに合わせて制作しているので仕方無いんですが、出来ればボタン配置の変更をしたい。
・これは単なる我侭かもしれませんが、視点は任意に360度見渡せるようにしてほしかったトコロ。
 デクの樹サマの中
実は剣を探すのに何故か一時間近く要するという間抜けなスタートだったんですけども、このデクの樹。
ただ単にダンジョンの名前として「デクの樹」が使われてるわけではなく、妖精やリンク達の視点で考えればただデクの樹
というわけではなく「デクの樹サマ」なので、ダンジョン名にも「サマ」が入ってるのが面白いなーと思いました。
内容的には最初のダンジョンという事でチュートリアル要素が強いというか、入手したアイテムを駆使したり、デクの棒に
火をつけて灯りを点す、或いは地面に張っているクモの巣を燃やす為にデクの棒を振って仕掛けを解除、といった具合に、
ゼルダの基本的な謎解きが色々用意されていて面白かったです、高いトコから落下してクモの巣を破壊するのが好き。
ボスのゴーマも部屋に入れば戦闘、というわけではなく、視点を真上に動かしてゴーマを発見すると戦闘開始、という正に
リンクとプレイヤーの視点と気持ちが一体化した感じが良かったです、ゲームで、自分が操作してるにも関わらず実際に
漫画なり映画なりでありえるカメラ回しと展開のこのデザイン設計が秀逸だなーと。



ゼルダの伝説 時のオカリナ


顔も危険ならセリフも危険極まりない博士。
しかしこの時のオカリナ、何を今更という感じですけども、
リンクが石を持ち上げるとその石の下に居た虫が逃げたり、
ドアを開けると丁度朝日がリンクの目に飛び込んできたり、
非常に世界設定がリアルですよね、実際にありえる描写。
そんなリアルな世界観の中で、何故かサリアが森の聖域で
リンクを待ってたり、力の大妖精が露出狂っぽい格好で、
技の授け方がどう見ても股間からリンクに対し聖水発射とか、
リアルな世界観に反してキャラの描写がどこか変という。
ところでハイラル城下町の夜は何故か犬が多いうえに、
やたらリンクに寄ってきますけども、これは何か意味が
あったりするんでしょうか。
ファンタジーの王道で言えば実は人間、という展開ですが。
 ハイラル城
城門を降りた際、左手の丘のような部分を登れるわけですが、これがまずしてやられました。
してやられたというか、3Dにおける先入観を良い意味で利用してるなーと。
2Dなら平面なので一目で登れるかどうか分かりますけど、3Dだと今回のような丘は、パっと見だと「あぁ、登れないな」と、
登れるかどうか試しもせずに思ってしまうじゃないですか、多少傾斜のある丘になってるというだけでイコール登れない丘。
けど実際は登れるわけなので自分が分からなかったというのは抜きに、この辺りは良い意味で3Dの先入観を使ってるなと。
あとは別に謎解きがあるわけでもなく普通にゼルダの元へ、欲張ってルピーを集めようとしたら兵士に発見されました。
更に余談ですが、ゼルダの乳母インパの顔が怖すぎました、どう考えても子供を任せれる面ではない。
 ドドンゴの洞窟
ここは意外と謎も無いというか、結構サクサク進みました、ボスのキングドドンゴも爆弾を食わせればいいだけなので楽に。
ただここは個人的に迂闊だったせいで微妙にハマりました、バクダン花が集中的に咲いていて、それを一気に爆破すれば
上階に繋がる道が開ける、という場所があるじゃないですか、あそこで何故か「爆破しよう」と思わず時間がかかりました。
普通ならどう考えても「全て爆破すれば良し悪しは別に何かあるはず」と思って爆発させるべきなんですが、何故か無視。
 デスマウンテン火口
次に進むべきエリアはここではないものの、フクロウが待ってたので「ここに違いない」と思い込んで必死になってました。
素直にサリアの話を聞けばゾーラの里の長がどうのこうのと分かるものの、何故か「いや、ここに違いない」とか落ち着けと。
どうもこの時のオカリナにおいては何故か勝手な思い込みが激しい気がします、ゼルダだからこそ柔軟にプレイせねばと。


inserted by FC2 system