無限のフロンティア

 戻る
 


無限のフロンティア

約23時間55分でクリアしました、使用キャラとレベルは、ハーケン59、アシエン56、レイジ55、カグヤ56。
他のメンバーはまともに使っていないので何とも言えませんが、とりあえずこのメンツ強すぎたような気が。
意外とプレイ時間がイってたなという印象、7割近く戦闘に費やしてると思うんですが、体感はもっと短時間クリア。
良い点
・戦闘システムがモノリスらしく面白い、特にザコ戦は上手く一人一殺出来た時の気分爽快度が非常に高い。
・同時に戦闘時のドット絵が動きまくる、音声に関しては戦闘前後のかけあいを含めてバシバシ喋りまくる。
・ザコ戦なら100%の確率で逃走可能、エンカウント率が高いだけにこの仕様は嬉しい限り。
・会話のテンポが非常にイイ、セクハラ発言多すぎですが、その辺りに関してはそういうゲームと割り切るしかない。
悪い点
・店頭で数値のダウン項目が表示されないので微妙に不便。
・アイテムの最大個数が15個なのは構わないものの、アイテム購入時に選択しないと所持数が見れない。
・この印象は個人差があると思うものの、基本的にエンカウント率が高い気がする、逃走100%可能とはいえ流石に。
・行動順が表示されるのは便利なものの、そのターンだけではなく、FF10みたいに戦闘終了時までの全てが欲しい。
・アイテムと精神が強すぎて流石にバランスが悪い印象、アイテムは15個ではなく5個でも多すぎたんじゃないかと。
・そんな風にアイテムと精神が強すぎる事もありボス戦でもまず負けないので、ボスのHPがただ高いだけになってる。
・強制回避のシステムはイイとしても「ここは最初の一回だけ攻撃でやめよう」と思って何もしなくても発生はイラっと。
 クリア後の感想
結論から言えば面白かったんですが、全体的に「もう少しココがこんな風になってれば〜」という感じでした。
練り込み不足というより、痒いところ全てに手が届かないといった印象、戦闘パート以外で好印象な面が非常に少ない。
会話はテンポが良くキャラも立ってるので面白いものの、個人的には何故か序盤終盤以外の物語に興味を惹かれず、
尚且つ、語呂が悪いのか、何故か知名等がほとんど覚えれませんでした、妙に覚えづらい。
「○○に行こう」とか言われても全く思い当たらず全ての箇所を訪問するハメになったりと。
モノリスだけあって戦闘は面白かったですし、強制回避は確かに鬱陶しいながらも、逆に強制回避のおかげで攻撃時に
落下させずにコンボを繋げる事を優先するなり、或いはFゲージを溜める事を優先して落下の危険を無視したり、何かと
考えて行動するシステムで面白かったんですが、他の面は上記悪い点に挙げたように、微妙な箇所が多かったかなと。
SFC風のマップに関してはむしろ味があってイイですし、SRWの名を関しながらも無作為にSRWのキャラや専門用語を
連発するわけでもなかったので、その辺りに関しては非常に良かったものの、全体的にあっさりしすぎてた印象。
例えば一度クリアした場合、このゲームだと二周目をやろう、という意欲は沸かないですし、再プレイ時にあらすじや
次の目的に関する指標が無いので、人によっては「次にどこへ行けば良かったのか?」を全く見失う可能性もあったり、
戦闘の良さとは裏腹に、他の面で何かと練り込み不足が妙に目立ってしまっていたかなと。
とにかく「惜しいゲーム」という印象が強かったです、良い部分があっさりしてるのに、悪い部分は色濃かったりと。
作品の性質上続編や新作はまず出ないと思いますけど、モノリスなだけに、今回の反省も活かした新作の発売を期待。


inserted by FC2 system