ベルセルク -千年帝国の鷹編 聖魔戦記の章-

 戻る
 


ベルセルク -千年帝国の鷹編 聖魔戦記の章-
起動時に勝手に流れるのはOPデモでしたっけ、OPデモが中々良い出来だったので感動しました。
DC版の様にドラゴン殺しのアップで「それは剣というには〜」という定番の煽りから入ったアレも出来としては
結構良かったんですけど、ゲームとしての映像デモという意味では今回の方が良い感じでした。
単純にベルセルクの世界観が表現されているというのもあるんですけど、アニメ版同様平沢さんが曲を
担当していて、今回もまたやたらとイイ曲を作って下さっているので聴覚の刺激が凄かったです。
逆に、完全CGで再現という触れ込みだった蝕なんかは流石にPS2という事や映像的な制限の関係で死にまくる
映像やキャスカがフェムトにヤられるといった、ガッツにとって最も精神的ダメージのデカイ部分までは
再現されてなくて少々残念でした、映像は綺麗ですし結構血飛沫が飛んではいますけど、やはり残念。
ストーリーの方は初めてイシドロ達が登場するシーンまでしか進めてないのでナンとも言えませんけど、
とりあえず剣の丘の再会時にリッケルトやエリカ、キャスカを落石から護るグリフィスなんかが削除されてて
個人的には残念でした、あのシーンを声有りで見れたのは確かに嬉しかったんですけど、リッケルト達は
何とか諦めれてもキャスカを護るグリフィス、ソレを見てキれそうになるガッツだけは見たかったです。
他は今のトコ良好、断罪の塔以降、ガッツに追い着くまでにイシドロがファルネーゼ達と合流した展開が
新規に追加されていたり、悪霊に取り付かれてキャスカの首を絞めるガッツなど、中々良い感じでした。
ゲーム的な面に関してはというと、ドラゴン殺しという重い大剣を振り回す重量感はしっかりありますし、
烙印が光っている最中に攻撃するとザコを一撃で殺す特殊攻撃、ボス的の攻撃に上手い事防御を合わせての
カウンターが一連の動作で描かれる攻撃、鍔迫り合いの際に大砲で攻撃する動き、大砲斬りや炸裂弾、
正直使い辛いですが連射性のあるボーガンや相手の動きを一定時間封じれる投げナイフ等、アクションは
実に良い出来だったと思います、多少ドラゴン殺しの判定が甘い気もしますが…まぁ、コレは一応慣れろと。
敵は流石にザコはザコ、ちょっと雪のデカイのの体当たり判定が妙にデカかったり、地面から出てくる木の
攻撃判定が分かり辛いのは難点ですが、パックの回復を使えば死ぬ事は無いので丁度いいかなと。
ボスに関しては最初…一番最初のは別として、まともにプレイしての最初のボスが剣の丘の再会での
ゾッドというのは何と言うか、ちょっといきなり強すぎる相手ではないか?と思いました。
実際はやたらカウンターを狙いやすい、背後に回って斬り続けると信じられない勢いで死ぬというザコっぷりですが、
インパクト的には凄かったです、調子こいてエキスパートで挑戦したらガード不能喰らって死んだ。
あ、能力アップの必要経験値に関しては少々高すぎる気がしました、ザコ相手だと斬り続ける根性が必要、
ボス戦で烙印攻撃を止めに繰り出すのは運が絡むので難しいと、ちょっと高いんじゃないかなーと。
えー、あとはアニメでは未登場のキャラの声ですか、一言で言えば微妙でした。
パックはDC版で音声が付いてますけど、ノリ的にも悪くないですし実に合ってるかと思います、ちょっとワロタ。
まだ一言のみなので判断し辛いですが、ファルネーゼは無難な感じ、セルピコはちょっと声優さんの演技が下手、
イシドロは正直ヤバイ、という感じです、聞いていれば慣れるかもしれないのでナンとも言えませんけども。
あ、そういえばザコ戦のマップが無意味に長いのはちょっと気になりました、いくらなんでも無駄に広く、
敵が半永久的に無限増援なので適度に進まないと飽きるのが問題かなと、良いマップだとは思うんですが。
まぁとりあえず、徐々に進めながら楽しもうかと思ってます、思っていたより出来は良さそうですし。



ベルセルク -千年帝国の鷹編 聖魔戦記の章-
イシドロ達と合流して元傭兵団か何かの拠点潰しをしてるトコまでプレイ、拠点離れすぎてて疲れる。
ココまで来れば当然話題に挙がるのは雪山でのオリジナル展開、妙な屋敷でのジュドー達の幻影との戦闘が
必然的に盛り上がるわけですが、個人的にはあそこでのガッツとの会話は良い感じでした。
実際問題、蝕で「こんなのが俺達の最期であってたまるか!」「お前は何としても生き延びろ!」と
言っていた彼らがグリフィスの為なら自分の命は問題ではない、といった旨の発言をする事自体がまず
ありえないわけですけど、ソレを知らないガッツからすればジュドー達の言葉は胸に刺さるというか、
かなり堪えるモノがあったんじゃないかなと思いました、性格的にジュドーは言いそうなだけに反論出来ませんし。
特にコルカスの「自分で手にする何かってのは見つかったのかよ?」は耳が痛いんじゃないかなと。
まぁ、だからといって戦闘になるとピピンに大砲ブチ込むガッツもどうかとは思いましたが。



ベルセルク -千年帝国の鷹編 聖魔戦記の章-
霊樹の館前でセルピコとイシドロが使えるようになるトコまでプレイ、ちんたらしたプレイで中々。
森での傭兵団の拠点潰しは何と言うか、各個撃破で弱ったところを一気に突破というと聞こえはいいですが、
やってる事はプレイ時間の増量と強制的な経験値稼ぎなので、出来ればこういう時間稼ぎをやらせる余裕があるなら、
少しでもいいので新規の会話なりを追加して原作ファンを楽しませてもらいたかったかなと。
関係無いんですがその傭兵団、一箇所だけやたらボウガンの激しい拠点があったのが印象的でした、
相変わらずアクションゲームの敵が使う遠距離攻撃の命中精度は異常やなーと、ガッツさん一回死なれました。
それで霊樹の森なんですけど、特に経験値も稼がずにシナリオ進めてたので確証は持てませんが、なんか
トロールが妙に強かった気がします、特にデカイのやココで出てくる木は中々死ななかったりと、歯応えが
あるというよりも時間かかるので無視しまくった記憶があります、或いは烙印攻撃待ち。
ガッツが走っても飛び掛かってくる攻撃だと追い着かれるというのは良い感じだと思いました、普通に走って
逃げれるなら難易度を選択する意味や、そもそも敵が追いかけてくる必要性が無いですし、流石にガッツと
野生の獣だと、いくらガッツでも獣を撒く事は無理でしょうから良い感じかなと。
ゴーレムでしたっけ、霊獣の館でのボス戦、もしかしたら簡単に倒せるやり方があるのかもしれませんけど、
カウンターで両腕破壊→大砲なり烙印なりで滅多切り、を複数回繰り返すのは面倒だったので、コイツは
個人的に鬱陶しかったです、傭兵団のボスも柵の向こうに逃げたりでウザかったですけども。



ベルセルク -千年帝国の鷹編 聖魔戦記の章-
遅れ馳せながらようやくクリアしたんですけど、流石にベルセルクともなればそれなりに感想が長くなる予感が
するので、一応今日と明日の二回に分けて感想書く事にします、今日は前回プレイ時の続きからシャルルまで。
明日の感想時にスランからクリア後の感想までで終了予定、プレイ時間は確か約9時間前後だったはず。
えー、イーノック村での情報収集、トロール襲来後の逃げ遅れた村人救出、この辺りは普通に必要無いと
思いました、前者はそんな事させる暇があるなら剣の丘の再会等をきちんと原作再現、後者はそんな事を
させる暇があるなら、むしろ「そうやって経験値稼ぎ」「経験値は稼げないが一点突破的な展開」の二種類から
選べるようにしてほしかったです、というかまぁ、経験値稼ぎというよりもプレイ時間を稼いでるだけにしか
思えないので、こういった本筋的に無意味な戦闘イベントは勘弁してもらいたかったです。
オーグルとケルピーに関してはまぁ、腹の臓物が剥き出しになっている時はガードがモロイ、水のバリアが
周囲に出ている時はダメージを与えれないと、簡単ながらもボスらしく行動が凝っていて良かったです。
ただ、出来ればケルピーはセルピコとの勝負だったので、普通にガッツで功略後にセルピコ登場というのは
展開的に不自然なので何とかしてもらいたかったところです、ちなみにファルネーゼごっつ怖かった。
続いてはクリフォトなわけですが、原作と違いケルピー戦でセルピコが負傷せずに、普通にクリフォトに
同行していたのはまぁ、セルピコの能力便利なので居てくれるのは有り難いんですが、セルピコが居ない
からこそクリフォトからの脱出時にイシドロが命がけでキャスカ達を護るという状況になったので、
そういう意味ではゲームでは普通に同行、なのにセリフ一切無しというのはただの改悪だったので、
どうせ来るのであれば何かしらのイベントを用意しておいてもらいたかったところではあります。
クリフォト内に関しては無駄な固定戦闘、迷路形式のマップ、あっち行ったりこっち行ったりの予想通り
プレイ時間を増やす為の無意味に長いマップと、正直本作の悪い部分ばかりが強調されていて真面目にどうかと
思いましたが、度重なる悪夢の鷹の団、グリフィスの悪夢との決戦、シャルルとの戦闘と、後半は熱い展開が
連続で続いたので悪くはなかったです、ちょっとシャルルが色んな意味で失敗していると思いますが。
鷹の団に関してはシャルル曰く「お前の心の中の悪夢」なので、所謂「もしあいつらがこう思っていたら…?」
というガッツにとって最悪の展開の状況、つまり死して尚グリフィスを崇拝している、という状況でガッツに
襲い掛かってきたというのはイイ感じでした、キャスカまでもが昔の姿のままで襲い掛かってきたり、
コルカスには「自分の手で勝ち取る何かは見つかったのかよ?」と痛いところを突かれたり、セリフも
含めて非常にイイ感じだと思いました、最期のセリフも微妙にイイのか判断し辛いモノで良かったですし。
ただグリフィスに関しては、姿形と実力は剣の丘の再会時のモノ、しかし最終エピソードは鷹の団脱退時の
ままというのは何と言うか、どっちつかずになっているので統一してもらいたかったです。
確かにラストが鷹の団脱退時の終わり方と同じだったのは熱いんですが、ちょっと喋ってほしかったなと。
連戦ラストはシャルル、豊口さんとは思えない下手な演技はともかくとして、色んな意味でベルセルクという
作品にはとても似つかわしくないキャラだったのが残念でした、悪夢を見せるというのは良かったんですが。
過去に館が山賊に襲われたというのも捻りすら無くて今イチですし、妹のメリーエンを捧げて、それで今尚
シャルルの側に居るメリーエンは黒い影というのもインパクト一切無いですし、挙句に使徒に変生した姿は
ロシーヌ同様の非行型蝶タイプ、カウンター取ったら「何なんだよお前ぇぇぇぇぇ!」と、これまたロシーヌと
全く同じ反応、普通に勝ってどうなるのかと思えば、簡単にシャルル死んで終了と、悪夢を見せて鷹の団が
ガッツに絡んでくるという展開は非常に良かったものの、その本体のオチが弱すぎたのが残念でした。
ちなみに、連戦時のボス連中より、終了後のクリフォトのザコの方が強くて一回死にました。



ベルセルク -千年帝国の鷹編 聖魔戦記の章-
シャルル終了後は普通に原作展開のみで進んだ本作ですが、とりあえずクリフォトでの100匹斬り二連戦は
流石に時間稼ぎもいいとこなので真面目に必要無いなと思いました、そんな事をさせる前に長い読み込みを何とかしろと。
スラン戦、スランを護る羽を破壊してようやくスランと戦闘というのはアイデアとしては悪くないと、
一応冷静に考えれば悪くないとは思えるんですが、下からの植物みたいなヤツの攻撃を喰らうと翼への
攻撃自体仕切り直しというのは流石にどうかと思いました、カウンターを取れば五分五分のままとはいえ、
いくらなんでもダレてきてる状態のプレイヤーにあの仕打ちは真面目にキツかったです、素で辞めかけた。
二戦目は楽でした、ただ時間がかかるだけで戦闘的にスランは面白みが一切無し、ダラダラしてるなという印象。
その後は霊樹の館での使徒戦、グルンベルド、ゾッドと続くわけですが、展開的には熱かったです。
鷹の団→グリフィス→シャルル→スラン→使徒→グルンベルド→ゾッド、こんな具合にボス戦が連続して
続くわけですし、展開の方も原作既読とはいえ当然盛り上がる、挙句にグルンベルド戦からは狂戦士の甲冑を
装備しての戦闘になるので、やたらリアルに再現されたアクションでプレイヤーの気持ちも盛り上がりますし、
何よりグルンベルド戦でのカウンターの映像が熱すぎるのが最高でした、めちゃめちゃカッコ良かった。
まぁ、戦闘自体は無駄に硬くて時間のかかるグルンベルド、攻撃力が増強して判定が変になってるゾッドと、
相変わらずバランスはあまり宜しくありませんでしたが、ラストの連戦は中々熱かったです。
最後は平和な終わり方をしたわけですけども…とりあえず作品としての個人的評価は今イチという感じです。
確かにベルセルクの世界観や、ガッツのアクションなんかは非常に凝っていて原作の持つ独特の空気は
確実に再現出来ていますし、ガッツシュミレーターとしてはDC版を遥かに超える完成度ではありましたけど、
原作端折りすぎ、時間稼ぎイベント多すぎ、読み込み多すぎるし長すぎる、マップが無駄に広い、
バーサクモードのバランス破壊、簡単すぎるカウンター、判定のおかしい敵の攻撃、敵のボーガン連射、
ロシーヌと被ってるうえにエピソードの適当なシャルルと、問題点が目立ちすぎるのが気になりました。
原作ファンは端折られてても分かるものの問題点が目立つ、原作未読の人は端折られた部分が一切不明、
クリア後も狂戦士の甲冑モードや、蝕で死ぬまで敵と戦うようなサバイバルモードも無かったので、
ちょっと世界観とガッツのアクション以外の全ての部分において、ファンが望むようなモノをまるで入れて
なかったのが気になりました、プレイ中は結構面白かったんですけど、省みると問題点が目立ちすぎてるかなと。
とりあえず、次回作があるとすればもう少し練りこんでもらいたいです、平沢さんの音楽は神レベルですし、
ムービーの質も格段に良かったので、出来れば原作を完璧に再現する、或いはファンが望むモノを完成度の
高さを底上げする意味でも頑張って作って頂きたいです、最悪\3000ぐらいなら今回程度でも満足ですが。
えー、まぁ結構面白かったです、二周目は流石にやらないと思いますけど、久々にベルセルクの世界に浸れた。
シールケの為のゲームかと思う程にシールケの印象が強かったですけど、サブキャラの印象を良くしたと思えば
悪くはなかったので、ちょっとシールケの好感度がアップしました、丁度原作でも目立ってますしね。


inserted by FC2 system